2018年12月14日金曜日

ワンダークロッシェを編む<8>

リバーシブル・クロッシェを編みました。(*^▽^*)

初めは邪魔臭かったけど、編み進むうちに面白くなりました。(*^-^*)



《パターン1》


 



《パターン2》

   


使った糸は、昨日紹介した元廣さん販売の太めの糸です。

編み方が優しいのはパターン1です。パターン2は、とっかかりで頭がこんがらがりましたが5段目まで頑張って編んだら分かりやすくなりました。編み終わりと編地周囲の縁編みは自分で工夫しました。(ヴォーグ社はそこまでご親切に教えてはくれないのだよ。鍛えられるわw)

編んでてとても楽しかったです。
私は、やっぱりこういうのが好きです。

これで、本に載っていたワンダークロッシェを全部編みました。これからの作品作りに生かしたいです。




2018年12月13日木曜日

ワンダークロッシェを編む<7>

機嫌が悪くても編んでいます。(`・ω・´)ゞ


《クロコダイルステッチ》


余っていたオリンパスのミルキーべビーを使い切りました。こちらは、苦労なく編めました。きれいな編地にするには長編みの長さがミソだと思います。


《リフ編み》


どこか間違ってる気がします。

このリフ編み。ネットで編みと検索しても出てきます。そのせいで、正式名称を「もっと楽しむかぎ針編みワンダークロッシェ」を買うまで知りませんでした。

おかしいなと思っていました。リブ編みはゴム編みのことなのに?かぎと棒の違いのせい???とずっと疑問でした。

編みが正しい名前なんですね。

そして、本に載っている編み方がネット上で紹介されている編み方の解説や動画と少し違っていてちょっとコツが必要で難しいです。たぶん、本に載っている方が発祥地トルコの編み方なのかもしれません。


《コイル編み》


これは、前に編んだことがあります。

リフ編みとコイル編みでごしょう産業さんのモダンツイードも使い切りました。



《ヘリンボーン・クロッシェ》


ボーンは骨だろうと思ったんですがヘリンが分からないので調べたら「Herringbone(ヘリンボーン)」はニシンの骨って意味でした。なるほど、出来上がった模様が骨っぽい。最初、拾い位置が分かりにくかったんですが、分かってしまったら簡単でした。

使った糸は、元廣さんが販売しているこんな糸。

極太です。

ミニスポーツアランニッティングブリティッシュウールという商品名で、手触りは素朴な感じ。40g 78mです。マスザキヤさんでワゴンに積んであったので廃盤糸かもしれません。格安でした。


さて、後はお楽しみのリバーシブルクロッシェです。昨日、少しだけ編みました。正直なところ邪魔臭いです。(笑)

今回、編んでいて私はモチーフ的な編み方にあまり魅力を感じていないと思いました。この本の中で好きなクロッシェは、アラン模様、ウォーブン・シェル・ステッチ、ワッフル・ステッチ、リブ・クロッシェ、ヘリン・ボーンクロッシェです。リフ編みは一番気が乗らなかったです。

作品作りの参考になるのでいろんな編み方を知っておきたいと思いswatchばっかり編んでいますが、そろそろ本格的にオリジナル作品を作っていきたいと思っています。




2018年12月11日火曜日

和装の格式

日本の夜中にあたる時間にノーベル賞授賞式が執り行われた様子を朝から各局が報道していました。

式典に臨んだ本庶佑さんの装いが羽織袴姿、奥様も同様に和装で出席された。と、どのニュースを見ても奥様の装いについての表現が「和装」または「着物」という十把一絡げの表現。


2018年12月9日日曜日

無駄な時間

昨日、封書が一通届きました。気が付いたのは夜。差出人は、子供繋がりの友人。

開けて、中身に、えー。(*´Д`)


2018年12月4日火曜日

ワンダークロッシェを編む<6>

今日は、お天気が悪いという予報。特に後半はザーザー降りになるということですが、ほんまに降るんですか?早朝は、霧が出てたみたいです。朝霧が出た日は晴れるって言いません?なんだか、夏の夕立の後の晴れたような空なんですけど?暖かいからサボろうと思っていた洗濯をしました。

それで、今朝は洗濯をしながらワンダークロッシェを編んでました。

《スケールクロッシェ》


使う時は裏を表にすると本に書いてあります。でも、裏も使えそうなんですよね。


裏です。糸を渡す側を逆にしたら使えそうです。

斜行しないように次の段へ移る時の糸替え位置がわかればすぐに編めます。昨日の夜から編んでなんとなくわかった時点で就寝。朝起きて洗濯機を回しながら1時間で編みました。糸は、すべてアクリル毛糸です。この三色の糸が一番たくさん余っていた理由だけで選んだ糸なんですが意外と面白い色味になりました。


《リブ・クロッシェ》


ごしょう産業さんのモダンツイードを使ったんですが、太いけど撚りが甘いみたいで筋がくっきりとでませんでした。こちらは、簡単。30分で編みました。

早く本の最後に載っている「リバーシブル・クロッシェ」を編みたいんですよね。でも、前から順番に編んだ方が他のも覚えられると思ってたんですがやっぱりリバーシブルを編みたい。

その前に、放置気味になっている課題をやらなければ。(またサボってます。汗)