2019年10月21日月曜日

このままでは気持ち悪い

 自分の体型に問題が発生した長編みだけのロングカーディガンは、編み直すことにした。

袖をつけずにチュニックにしようかな。前立てだけでも編んで様子を見ようかな。と、いろいろ考えたけど、このまま仕上げるのがどうしても気持ち悪い。

こうなってくると、着る季節に仕上がらないとか、完成するのが夏になっちゃうとか、そんなことどうでもよくなってくるんだな。(笑)とにかく中途半端がイヤ。気持ち悪い。

そこで、改めてサイズをチェックしてみて、私にはやや大きめのМサイズでいけそうと思った。私の腰から上はМサイズに近いけど太ったからたぶんМでいけるはず。(腰から下はLサイズwww)ゲージ調整でAラインのロングにするから胸から上をМサイズで計算していけると踏んだ。(大丈夫か?w)ゲージ調整することを忘れて勘違いしてたあたりから間違ってたと思うので、製図からやり直してMサイズで編んでみることにした。

袖だけ解いた。


毛糸の湯のし器がないので、かせ繰り機で糸を巻き取ったらこのままの状態でスチームを当ててる。そして、箱にわっさと放り込む。


このやり方だと、かせ繰り器の腕にかかる箇所が伸びない。
そこで、去年あたりから湯のし器が欲しくなってきてる。
母の話しでは、昔はやかんの注ぎ口に取り付けられる糸を通す器具があったとのこと。やかんに入ったお湯の蒸気でのしてたわけね。そういえば、そんな光景を見た記憶がチラリとある。今はそんな便利な器具を売ってるのは見たことがない。

取っておいてくれたらよかったのに~~~。(*´з`)
大工の孫だ、自作するか。(笑)

とにかく、このままでは気持ち悪いから、全部やり直す。




2019年10月20日日曜日

てるてる坊主

毛糸で編んだてるてる坊主と思った人がいたらごめんなさい。m(__)m
今回は、編み物と関係なし。



てるてる坊主てる坊主
明日天気にしておくれ
いつかの夢の空のように
晴れたら金の鈴あげよ

てるてる坊主てる坊主
明日天気にしておくれ
私の願いを聞いたなら
甘いお酒をたんと飲ましょ

てるてる坊主てる坊主
明日天気にしておくれ
それでも曇って泣いてたら
そなたのお首をチョンと切るぞ

浅原鏡村作詞、中山晋平作曲 「てるてる坊主」大正十年六月


てるてる坊主は紙で作り、願いが叶ったら目を入れお神酒を捧げて川に流す。

台風が2個も発生。小さな坊主に長期的な気象のことや台風を消せというのは荷が重いだろうから、雨を降らすなとは言わない。降らせるなら優しい雨にしてちょうだい。

せめて年内。これ以上、自然災害が起きないように。
被災地の後片付けや堤防の修復がスムーズにできますように。

てるてる坊主を外すのは、大晦日。







2019年10月19日土曜日

袖、完了

 今日は、袖を完了。


袖ができたけど縁編みをする糸がなくなってしまった。
糸量の計算はしたのに何か間違ってたのかな?と、しばし考え気付く。

ゲージは5号針じゃん。www

身頃の脇線を斜めにするのに、身頃を7号、6号、5号針で編んだから5号針だけで編んだゲージで計算したら足りなくなるのでは・・・。( ̄▽ ̄;

縁編みをどんな模様にするか決めてないからいいけど。

で、この縁編みが未だに決まらない。

ヴォーグ社のパターンブックを何度も見て考えている最中。これにしようかな?と、思ってるのがひとつあってパターン通りに編むかアレンジするか、それとも他にいいのがあるか。もう、考えるのは邪魔臭いし、糸の節約にもなるから細編みだけでにしようかといろんな考えがあってまとまってない。


 ところで、昨日は、台風20号情報に振り回された。
夕方6時の天気予報で、発生したけど日本へは来ないって言ってたのに、夜11時の天気予報では日本へ向かってるって!!!5時間しか経ってないのに?!天気予報の精度が良いのか悪いのか分けがわからんようになる。人智を超えてくる自然の力?

今日の天気予報では、22日か23日に温帯低気圧になるということなのでホッとしたけど、雨が降ることに変わりはないと思う。

降るなら、優しく降ってくれと思う。

そして、曇ってたけど散歩に出た。


三日前まで蕾だった金木犀が満開になっていて、いい香りがしてた。

明日は、お天気が良くなりそうなので糸を買いに行きたい。